会社での様々な管理を楽にする|給与計算システム導入でコスト削減

オフィス

具体的な取り組み方法

中年男性

ストレスチェックの義務化は企業にとっても従業員飲とっても負担のように見えますが、ストレスの原因を減らすことで、社員は仕事をしやすく企業活動を盛んにすることが可能となります。労使ともに利点を感じるポイントがあると案が得て構いません。

Read More

おすすめ関連サイト集

  • ダイヤルサービス株式会社

    ストレスチェックをすることで、うつ病予防ができますよ。ストレスは早めに対処する必要があります。まずはここを確認してみましょう。
  • R&AC

    多くの事務所で導入されている債権管理のシステムがこちらです。業務効率を高めたいと考えているならチェックしてみると良いでしょう。
  • SuperStream

    会計システムはこちらが安心です。色んな機能があるので、現場の状況に合わせて導入できると注目されていますよ。

効力が一番大事

パソコンと資料

特許申請は今後のビジネスに大きな影響を与えることになります。しかし弁理士に依頼すると多額なコストが発生します。そのため自分で特許申請を行う事でコストを安くすることにできますが、効力の範囲などに影響を及ぼすのです。

Read More

与信管理は締結後にも重要

スーツの男性

企業間取引における支払い遅延は貸し倒れになる一番リスクの高い兆候です。債権管理では支払い遅延を安易に考えてはならないのです。しかし支払い遅延になってからではすでに遅いのです。営業社員などが事前にその兆候を把握することが大事なのです。

Read More

会社の安定経営の為に

レディ

社内業務の見直し

会社の安定経営を脅かす原因の一つとして、従業員の急な退職や定年退職者の集中に伴う人員不足が挙げられます。中小企業では「あの人がいなくなったから仕事が廻らなくなった」という話をよく聞きます。中でも人事総務部門の業務は社内で1人で担当していることが多いため、担当者の退職で経営に支障をきたしかねない状況が生まれます。企業の安定経営のためにも、担当者がいつ退職してもいいように社内業務をスリム化し、自社で行う必要のない業務はアウトソーシングすることがベターです。アウトソーシングが望ましい業務の一つとして給与計算があります。給与計算は事務の正確性やスピードが問われるだけでなく、所得税法、労働基準法、そして社会保険関連の法律といった専門的知識が要求されるため、自社で一から教育しようと思うと、時間も費用もかかります。

委託のメリット

ここ最近の傾向として、給与計算事務は社内で行わず、専門のアウトソーシング業者に委託することが増えてきています。給与計算をアウトソーシングするメリットは社内の負担を軽く出来るだけでなく、法改正なども確実にクリアーして正確なアウトプットをしてくれる点にあります。最近では給与計算に付随する業務としてマイナンバーの管理業務がありますが、アウトソーシング業者に任せた方が情報管理面でも安心です。また、給与計算は社会保険や雇用保険の事務手続きと連動している為、併せてアウトソーシングされることが多いです。給与計算をはじめとした社内業務をアウトソーシングすることによって、中小企業は中核業務により人的資源を投資できるようになります。