具体的な取り組み方法|会社での様々な管理を楽にする|給与計算システム導入でコスト削減

会社での様々な管理を楽にする|給与計算システム導入でコスト削減

男性

具体的な取り組み方法

中年男性

企業側として実践する内容

2015年12月より企業に義務付けられたストレスチェックは、1年に1回実施します。ただし、新しい制度でストレスチェックの具体的な内容が把握しにくいという担当者も多いことが目立ちます。常時雇用の社員が50人以上いる場合は、この制度の対象となり、まず制度に関する正しい情報を社員に周知することからスタートします。紙ベースもしくはソフトを使用して全社員から調査票を回収しますので、57項目からなる調査票もしくは23項目からなる簡易版の調査票を取得しましょう。調査票は、アンケート形式の項目に対して、1〜4の当てはまる状況を選んで回答するだけの簡単なものです。分布に合わせてストレス度合いを把握し、必要がある社員に関しては医師との面談、そして職場改善などの対策を実施します。また、実施内容に関して安全衛生委員会への報告も求められます。

企業の活力アップを実現

ストレスチェックは企業には職場改善作業の負担、従業員にとっては解雇の可能性が不安視されています。しかし、実際に目的としているのは、ストレスを軽減することにより従業員が働きやすい環境、そして企業は従業員が健康的に働くことで収益を伸ばせる可能性を追求することです。経営活動を盛んにするために、ストレスチェックを用いることを、労使双方が理解するとスムーズに実践できます。勤務状況や心理的な負担、それに伴う身体の不調を早期に発見すると、現場に潜んでいる問題を早期に解決することに繋がります。メンタルヘルスの不調によって、職場のキーパーソンが退職するリスクも軽減できます。ストレスチェックが、職場の活性化につながったという実施例もあるので参考にしましょう。