与信管理は締結後にも重要|会社での様々な管理を楽にする|給与計算システム導入でコスト削減

会社での様々な管理を楽にする|給与計算システム導入でコスト削減

男性

与信管理は締結後にも重要

スーツの男性

支払い遅延は最大のリスク

売掛金が回収できなくなる貸倒損失の事前兆候をいかに早く察知するかが債券管理のポイントになります。一番わかりやすいのが支払い遅延です。支払い遅延は例え一日であっても与信管理に該当します。個人取引でも支払いの遅れはマイナスイメージになります。これを安易にとらえると後に巨額の債権回収ができなくなる危険性が高くなるのです。すぐに弁護士に相談するなど対策が必要になります。支払い遅延の発生は債権管理で最も重要なアラートの一つで。異常な兆候と判断するのが妥当です。最悪の場合、法的な措置になる可能性もあるのです。そのため支払い遅延が発生した場合には、直ちに取引を停止するとともに回収後の再取引きに関しては保証人を付けるなどの債権管理が必要になります。

支払い遅延の事前察知

少額な取引であれば、現金取引に変更することも検討材料となります。保証金を事前にあずかることも対策となります。一度信用を失うと今後の取引に影響を及ぼします。どの場合でも迅速な対応を行う事が求められます。支払い遅延が起きてから対策を講じるのは適切な債権管理とは言えません。支払い遅延が遅れそうな兆候をどれだけ早くにつかむことができるのかがキーポイントなのです。法務部門や経理部門が支払い遅延に気づく時にはすでに状況が遅く、毎日営業で取引先を巡回している社員こそが異常の兆候をつかむ最前線にいます。そのためどんなに小さな兆候でも見逃さずにしかるべき部署に速やかに報告することが債券管理なのです。債権管理は契約前だけでなく締結後の動きも重要なのです。